大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=487

人妻を孕ませて寝取りの性癖に目覚めました

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
  • 面白い (2)
僕は現在30歳で横浜在住で大学を卒業して以来都内でシステムエンジニアをしています。
6歳年上の数年来の彼女がいたのですが結婚を考えない僕に愛想を尽かしたのか何時までも待てないと言われ去年振られました。

彼女は以前から早く子供が欲しいと言ってました。
30代半ばを過ぎても妊娠できてない事に焦りを感じていたんだと思います。

彼女の事は好きだったので酷くショックでした。
その件があって以来ネットでニュースを漁っていてこれまで気にならなかった高齢出産や不妊のニュースに目が留まるようになり記事を読むことがあるようになっていました。

子供ができずに不妊治療している夫婦もたくさんいる事を知りました。
不妊治療は高額な事を知りました。
いくらつぎ込んでも子供が授かれるとは限らないという事もあり途中で断念する夫婦も多いようでした。

高額な治療費が払えない為に医療機関を通さずにインターネットで個人的に精子を募集している夫婦も最近増えている事を知り興味を持ちました。
調べると高学歴や容姿が良い男性だけの精子が求められていました。

自分の容姿は普通でしたが大学は一応マーチ以上の国立大学出身で高学歴には入るかなと思い興味本位でSNSの裏垢を使い精子提供を開始しました。

1週間ぐらいするとダイレクトメールが入ってくるようになりました。
どれもが悪戯のメッセージでダメかと思い始めていたのですが3週間ぐらいした後これまでとは違う丁寧な文面のメッセージが女性から届きました。

相手は僕と同じ横浜在住39歳の女性で名前は美幸さんでした。
話しを聞くと30歳で結婚したけどずっと子供ができない為35歳の時に夫婦で病院に行き調べてもらったところ旦那が無精子症だったそうでした。

その後不妊治療の事を調べると費用がかなり高額で人工授精も予定が2年以上埋まっていることを知り断念したようでした。
しかし40歳をを前にやっぱりどうしても子供が欲しくなったようでした。
しかし時間も費用も無い為今回初めてSNSで精子提供を求めたそうでした。

そしていろいろ話していると精子提供をする方向で進んでいきました。
同じ横浜同士という事もあり一度直接会いたいと言われました。

顔が見たい事を頼むと写真を送ってくれました。
39歳にしては子供もまだ生んでいないせいか5歳は余裕で若く見えました。

それから費用は出すと言われ卒業証明書と精液検査と性病検査も頼まれました。
無料ならいいかと思った僕は承諾しました。
謝礼も込みで3万円振り込まれたので時間を作り病院にに行きました。
検査結果は性病も無く精子の状態もかなり活発らしく良好でした。

その後卒業証明書を取り寄せ伝えました。
そうすると次の日曜日が排卵日に近くタイミング的に良いからと言われ次の日曜日に会う事になりました。
旦那は僕と直接対面したがらず来ないそうでした。
日曜の午後1時待ち合わせ場所の横浜駅に行くと美幸さんはすでに到着してました。

人気のない所に移ると証明書を見せ確認してもらいました。
緊張しているのでしばらく歩きながらおしゃべりしてくださいと頼んできたので他愛も無い雑談をしながらブラブラ歩きました。
歩きながら駅最寄りの安いホテルを探し向かい始めました。

ホテルに着き部屋に入ると美幸さんはトイレに向かいました。
しばらくすると出てきてお願いしますと言いながらベッドに横たわりました。

美幸さんは上半身はそのままで下半身だけ全部脱ぎ下半身にバスタオルを巻いていました。
美幸さんはあくまでも不妊治療の精子提供でセックスではないという体裁を作りたかったんだと思います。

僕も下半身だけ裸になるとベッドに上がりました。
既にビンビンに勃起していました。

美幸さんは一瞬僕のペニスを見るとすぐに視線を外しました。
美幸さんのバスタオルを開いていくとできるだけ見ないで下さいと頼んできましたが僕はしっかり美幸さんのマンコを凝視してました。
僕は美幸さんの両足を大きくM字に開きました。

毛は処理されていて短めに整えられていました。
ビラビラは大き目でダラリと飛び出ていました。クリをいじり始めるとビクッと体を震わせ声を上げました。

僕は右手の指2本を口に入れ濡らすと左手親指でクリをいじりながら指を2本膣口に挿入していきました。
美幸さんのGスポットを探り当て刺激始めると感じるようで大きく喘ぎ始めました。

初対面の僕に聞かれたくないのか目をつぶり手を口に当て喘ぎ声を殺していました。
3分4分刺激し続けると喘ぎ声が大きくなり次の瞬間僕の指を締め付けながらイキました。

しっかりとマンコは濡れていたので僕はペニスを挿入しますと言いながら挿入していきました。
まだイッタ直後でマンコがとても敏感になっているのか挿入直後から喘ぎ方が激しく手で口を防いでいる意味をなさないようになっていました。
さすが熟女でマンコはしっかり開発されていて亀頭でボルチオを攻めるとしっかり反応を示しいっそう喘ぎ方が激しくなりました。

一度中イキしていることもあり2度目の中イキまですぐでした。
ピストン開始後3分も経たずイクと言った瞬間イキ始めました。
マンコが強烈に収縮を始めキツキツ状態に僕も耐えれなくなりイキますと美幸さんに言うと亀頭を子宮口に押し当て俺の子どもを孕めと心の中で言いながら射精し始めました。

これまでの彼女には中出ししたことが無く人生初めての中出しでした。
しかも相手は人妻という事もあり非常に興奮しました。

この事を境にNTRの性癖に目覚めました。
射精が終わりペニスを引き抜くと美幸さんはマンコを抑え精子が流れ出ないようにしばらく起き上がらずいました。

10分ほどして起き上がると美幸さんは僕からの精子提供を続ける事を決めたようでこれからもお願いしますと言われました。

そして次の日からは仕事帰りに横浜駅で落ち合い6日連続で美幸さんに中出ししました。
その月はそれで終わりで翌月の排卵期に又お願いしますと頼まれました。
毎月6日づづ中田出ししていき6カ月目にきた時美幸さんから妊娠できましたと連絡があり僕の役目も終わりました。

翌週謝礼として美幸さんから10万が振り込まれました。
人妻を孕ませる事に快感を覚えた僕は再び孕ませたくSNSで実績をアピールして新たな精子提供先を待っているところです。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
  • 面白い (2)