大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=501

初体験の相手と7年ぶりに再会した

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
この話は先日のゴールデンウイークに高校生時代に付き合っていたハルカ(仮名)と7年ぶりに偶然にも再開したその時の体験談です。

まずはハルカについてちょっと(容姿など)を紹介
身長は147cmと小柄だけどバストサイズはDカップ(自己申告)
清楚系で小顔ナチュラルのパッチリ二重が特徴で端的に言ってかなり可愛い!!
高校時代に狙っていた男が結構多かった覚えがあります
ちなみにお互いに童貞と処女を捧げた仲です。

以下本編となります。

街で買い物をしてブラブラと歩いていると
「あれ、もしかしてナオ君?」
突然正面から歩いてくる女性から声を掛けられて面を食らったが
すぐにハルカだと気が付き
「ハルカ?久しぶりじゃん」
って感じでお互いに再会を喜び、そのままカフェに行き昔話で盛り上がっていると話題が軽い下ネタ交じてきたのでハルカにこんな提案をしてみました。
「なぁお互いの成長を確かめるためにこの後ホテル行かね?」
っとちょっと調子に乗った発言をしてしまったが
「良いよ行こう」
と二つ返事で快諾
で、そのままホテルに直行しました。

ホテルに着きとりあえず湯船にお湯を張ってる間
ソファーに肩を合わせる形で隣に座っていたんですが、昔はただ可愛らしかったハルカですがなんて言えば良いのか女の色気?とか仄かに香る香水の匂いとか高校時代に無かった魅力に我慢できず肩を寄せ小さな唇を強引に奪ってしまいました。

「ん♡チュチュ♡レル♡チュ♡はぁ~♡」
「どうしたの突然?ちょっとがっつきすぎ(笑)」
「ごめん大人になったハルカ見て我慢できなくなったわ。このままいい?」
「いいよ。来て……」

口や首筋にキスをしながら胸に手を置き軽く力を加えると
ビクッとハルカの体が反応し、次に服の中に手を入れ下着越しに軽く揉みそのまま流れで上半身の服を脱がしました。青い花柄のブラジャーのホックに手を掛けそのまま外し小柄な体系に似合わないサイズのおっぱいが露わにそしてあることに気づきました。

「なんか昔より胸大きくなった?」
「こっちばっかり成長しちゃって恥ずかしいよぉ」
「んじゃあその成長したオッパイ堪能させてもらうわ」

乳首を指先で転がした後にピンと立ったコリコリした薄いピンクの乳首をチュパチュパと舐めまわしました。

オッパイを堪能した後舌でそのままヘソやウェストラインをなぞり下腹部付近まで顔を近づけ履いていたスカートに手を掛け脱がすと、ブラとお揃いの青いショーツのクロッチ部分に濡れたような染みが……

「パンツに染みてるよ。もしかして濡れてる?」
「バカッ恥ずかしいよ///」

恥ずかしがっているハルカの反応が面白くクロッチを指でなぞったり指の腹で軽く押してみたりすると更にビクッ、ビクッっと反応すると

「パンツ汚れちゃうから、お願いもう脱がせて///」

お望み通りショーツを脱がせるとなんと陰毛が無い!!パイパンにしてやがりましたよこの女

「下の毛処理したんだ」
「邪魔だしそれに、こっちの方が喜んでくれる男の人多いから///」
「昔はあったのにそれが無いってのが更に興奮するわ」

まずは太ももや恥骨付近を舌で舐めじらしつつちょっとずつ本丸へ(その時の反応がまた楽しい)そしてパイパンマ〇コを舐めたり舌をのばしたりクンニをして次に手マン。第二関節辺りの指の腹で膣内のコリコリした感触のある部分を執拗に攻めていると

「あ♡あ♡アン♡あ♡アッアッ♡ダメッもうイっちゃうよ~♡」

ハルカの腰が弓なりになりビクッビクッと軽く痙攣しその後力が抜けたのかちょっとぐったりといった感じでした。

「攻められてばっかりで悔しいから今度は私が気持ちよくしてあげるから」

服を脱がされベットに横になりハルカが僕の上に乗るような形になり、パンツの上からイチモツを撫でられながらキスされたりしてるとみるみるうちに勃起

「起っちゃったね♡このままパンツ脱がすよ?」

ギンギンに勃起したイチモツを見てハルカが

「ナオ君のも昔より大きくなってない?」
「まぁあれだお互いに成長したってことで(笑)」
「なにそれウケるwそれじゃあ口でするね」

まずは亀頭にキス、竿を下から上へ上から下へと舌で何度か往復しその小さな口で咥えはじめると吸いつきや舌使いがすごくて腰が抜けそうになりました。
学生の頃はたどたどしかったり深く咥えようとしてえずいたりしていましたが、凄いテクニックに身体だけでなくコッチのほうも成長したのかと感慨深くなりました。

「ちょ、もうヤバいからストップ!ストップ」
出そうになるの我慢してフェラの中止を要求すると
「ん♡ハァ~♡私も我慢出来ないからもう挿れちゃうね♡」

ハルカは慣れた手つきでコンドームを着けそのまま騎乗位で挿入するとまたすんごい腰使い(だからどこでそんなの覚えたと言いたい)でパンッパンッと肉とぶつかり合うおとが部屋に響きわたり、腰を上下に振るたび大き目のハルカの胸が上下に揺れそれが僕をより興奮させることになりました。

「ハァハァもう出る!!」
「ハァ♡アッ♡良いよ出して♡私も、もう♡」

そのまま射精しハルカも力が抜けもたれ掛かるように身体が重なりそのあと舌と舌を絡め合わせましそのあとイチモツを膣内から抜きコンドームを外すと

「すっごい一杯出たね♡」
「これはお恥ずかしい(笑)」
「綺麗にするね~」

するとお掃除フェラの開始(だからどこでそんなの覚えた!!)
その後風呂で汗とか流し部屋に戻り休憩を挟みつつ2回戦、3回戦と楽しみました

ホテルを出て今の連絡先を交換し今では恋人というよりセフレみたいな関係になり定期てきに遊んだりしています。

最後に今回の再会の感想ですが
初体験の相手がエロいテクニックを向上させて成長を感じうれしいのと同時にどこかで別の男に仕込まれたんだろうなぁなんて複雑な気持ちになる体験でした。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)