大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=516

彼女のフェラ顔を見られて大興奮

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
お互いが違う高校で文化祭がきっかけで付き合い始めました。

そんな彼女との高校2年生の頃に起こった出来事です。
お互い何人かと付き合っていて初体験も済んで部活もやっていなくアルバイトをしながら渋谷とか原宿で買い物をしながらと高校生の青春を楽しんでいました。

その彼女の家と私の家は遠くてどちらかの家で家族がいない時に遊びに行ってはエッチをしていました。
彼女はご飯を作るのが上手で初めて手料理を作ってくれて美味しいパスタを食べながら映画を見てそのままキスをしながら胸をだんだんに触ってました。
高校生なんできっかけや雰囲気関係なくスイッチが入っていました。

お互い性欲が旺盛で彼女も盛んな人で私が胸を触りながらこっちの男性器をさすってくれるような子でした。そんなエロ漫画やAVの中でしか見たことないようなお互いの気持ちいい部分の触り合いにお互いとても相性が良かったんだなと書きながら思い出しました。
そのまま夜まで彼女の家族が帰ってくるまで10回以上は射精していてすぐにゴムの箱が空っぽになったのを覚えています。

そんな相性が良かった彼女とデートの日ですその日は自分のバイトの給料が入ったので買い物に行くことにしました。
原宿から渋谷にかけて好きなブランドの服屋さんを見たり古着ブームだったのでお互いTシャツを見て選びあったりしてとても楽しい時間を過ごしていました。

その日の格好が彼女はしたがタイトめな黒のスカートで上がチューブトップと透けているカーディガンを着ていました。
その後ろ姿を見るだけでお尻のラインが見えて下着のラインまでくっきり見えてしまい私は大興奮。
買い物している姿や一緒に手を繋いだ時に見える胸の谷間など興奮しっぱなしでした。

夕方近くまで買い物を楽しみながら興奮をなんとか抑えつつお店で夕食を食べました。
よくあるカジュアルなお店で簡単に食べてこの後カラオケに行こうとなりました。
渋谷からお互いの家の間である新宿のゴールデン街のカラオケ屋に行くことにしました。

実はこのカラオケ屋は安くて当時行っている友達も多く暗がりの室内に防音とイチャイチャできるスポットで有名だったのです。
彼女は知らなかったと思いますが私はそのことは初めていきました。

そこで早速ワンドリンクと彼女が歌い出しているうちにすぐに胸をさわさわしながらちょっと喘ぎ声を漏らすような感じでいちゃついていました。
その時にちょうどお互いのドリンクを彼女が受け取り飲みながら次は自分の番。好きな歌を歌っている時にもう彼女のては私の股間に置いていました。

室内は真っ暗でもちろん防音なんで曲をかけながらずっと二人でイチャイチャそこからもう勢いが止まりません。
パンツ越しに擦ったりキスしながらもうお互い濡れまくり。そこから彼女は少し恥ずかしそうに抵抗していましたがちょうど入り口見えづらい奥の方でいちゃついていたので彼女も大丈夫だと思ってそのまま自分のを咥えてくれて激しくフェラしてくれていました。

私はそのままお尻の方から手を入れてお互いが気持ち良くなっていました。
もう正直のその時間はどのくらい経っていたのかわかりませんでした。

丁寧に彼女は私のものを舐めてくれて彼女のパンツもびちょびちょ。
咥えられている姿でまた興奮しそうになっている中自分の携帯をカバンから取って時間を見た瞬間ハッと気づきました。
扉の向こうから2人の店員さんがいやらしい目で彼女のフェラ姿を見てニヤニヤしていたんです。
私は同点してパッと彼女をどかして着替えろといました。
そこから店員さんが入ってきて「すいません、うちはそういう店ではないんでお帰りください。」「この匂いわかりますか、外まで匂ってきてますよ。」「清掃代金1万円いただきます」と淡々と言われてお支払いをしてそそくさと彼女と帰りました。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)