大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=552

1日に8回セックスするとどうなるのか?

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
俺は、大学生の頃に1日で8回もセックスしたことがあります。
その頃付き合っていた同年代の彼女が、大人のおもちゃを気に入っていて、セックスの時にはいつも電マを使っていました。
電マなんですが、エロ動画で見るような威力が本当にあるんですよね。

振動がすごくて電マを当てるとすぐに彼女はイっていました。
すると「また電マ当てて」とおねだりしてきます。
それでまた当てるとまたイッテしまう。

彼女は元々イキやすい体質なようで、1回のセックスで何度も電マでイッテいました。
ある日のセックスでは、電マだけでなんと8回イク記録を作りました。

ある時、彼女は電マで何回いけるのかなと、俺は思って、イク回数を数えながらやっていたら8回になっちゃいました。
しかし、8回記録の日の彼女は、体が痙攣して疲れて動けなくなり、そのまま眠ってしまいました。

そこで俺は焦りました。「電マだけで満足しちゃって、俺まだ挿入も射精もしてないじゃん!」
次に彼女とセックスするときは、電マ禁止にして俺のちんぽだけ使おうと決めました。

次のセックスの時に「電マ禁止だ」と彼女に伝えると、「ごめんね、ヒロキとちゃんとセックスしたいよ」と、涙目で言ってきました。
ヒロキは俺の名前です。
涙目の彼女を見ると、俺はなぜか異様に興奮して勃起したので、彼女を押し倒しました。

着衣のまま正常位セックス開始です!
異様に興奮していたせいか、俺はすぐにドピュッと中出ししてしまいました。
彼女には事前にピルを飲ませて、中出しセックスする気でいました。

実は俺は早漏気味だったので、前戯で電マを使っていたりしたのです。
早くイッテしまい情けないなと思っていたのですが、彼女は「ああん、ヒロキかわいいよ。私のマンコが気持ちよくてすぐにいったの?」と、何か満足げに俺に抱きついてきます。

エロい彼女でしたが、「私のマンコ」なんて言ったのは初めてで、俺が中出しして挿入したままのちんぽは、また硬く元気になっていきます。
「すごいよ、もう硬いよ、復活してる!」と彼女は喜びます。

俺は再び興奮して、中出しして挿入したまま、また2回目をはじめました。
彼女の膣内には俺の精液がたっぷり出ていましたが、精液が何かローションの感じになって、俺はすごい快感を感じました。

精液でぬるぬるな膣内の快感がすごくて、何分もしないうちに俺は2回目の射精をしてしまいます。
「すごいもう2回も、私の生のマンコって気持ちいいのかな?ヒロキ好きだよ」と俺にキスしながら、腕を絡みつかせて俺の体を触ってきます。

彼女は一人電マで何回もイッタことが申し訳なかったのか、生挿入と中出しが本当に快感だったのか、俺に気を使っているようです。
顔を赤くしてすごく興奮していました。
2回中出しの後、すぐにチンポを抜く気にはなれず、俺は射精してまだ勃起状態のまま腰を振りました。

すると「あん、ううん!いく、いくよ」と彼女は、痙攣していったようです。
2回連続で中出しされて彼女の興奮は、最高潮になっていたようです。

なんだか、いつものセックスより彼女の目がうつろになり「私のおマンコにもっと出してぇ」と懇願してきました。
すぐに3回目をやるのはきついので、俺はチンポを抜きますが、肉棒は精液まみれです。

精液まみれの亀頭を使って俺は、彼女のクリトリスを愛撫しました。
精液のヌルヌル感が気持ちよくて、肉棒全体を使ってクリトリスもマンコ全体も愛撫しました。
「うあん、ヌルヌルして気持ちいい、え?あ?またいっちゃうかも?」と、また彼女は痙攣しました。

彼女はオナニーでも電マを使っているようなので、いきやすい体質になったのでしょうか?
とりあえず、しばらくキスしたりおっぱいを揉んだり、前戯の時間になりました。

もう前戯ではありませんけど。
でもまだ挿入する気まんまんだったのです。

3回目の挿入の前に俺は、彼女のまんこを観察しました。
俺の白い精液まみれですが、彼女のまん汁も白濁していて、なんかすごくエロいです。

最初は正常位でやって、次にバックで挿入して、あまりピストン運動は早くせずにじっくり3回目を楽しみました。
あまり激しくやって彼女がイキすぎると、疲れてできなくなりますから、ペースを落としたのです。

それから徐々にピストン運動が早くなり、3回目の発射となりました。
今度は外出しフィニッシュで、彼女に顔射しました。

「あん!ええ、すごい、またこんなに出ちゃうの?」
言われて、俺もまた大量に出たことに驚きました。

今日のセックスの前は、毎日バイトで忙しかったので、自然にオナ禁の毎日になっていました。
前日は「明日、中出しができる!」と興奮してオナニーしそうでしたが、我慢汁をティッシュで拭くだけで耐えました。

そこで、俺はこうなったら精力溜めまくってやると、市販の精力剤を飲みまくりました。
精力剤の効果なのか、なんだか射精量がすごく多くなったようです。

それで4回目も普通のペースでセックスすると、また勢いよく精液が出ました。
「うそぉ、すごいよぉ」と、彼女は俺の精液にまみれたチンポをお掃除フェラしています。

なんか今日の彼女は目がトロンとしていて、フェラがエロいです。
彼女の口に出したくなり、10分ぐらいフェラをさせて、口に出しちゃいました。

「ヒロキのおちんちんと精液の匂いダァ、あんやだ、私のマンコの匂いまでするよぉ」と、彼女は精液をごっくんしてくれます。

彼女のエロさが止まらないので、俺は5回、6回目もしました。
後で聞いたら、彼女は電マオナニーをしばらく禁止にしていて、俺と同じオナ禁状態だったそうです。

お互い溜まりまくっていたのです。
それと、お互い若い学生で元気があったのでしょう。
7回、8回目の射精も執念でやりました。

最後はちんぽが痺れて、精液が出ているのか分かりませんでしたが、「8回いかせた電マに勝ってやる!」と変な気合が入っていたのです。
8回目のときは彼女は疲労困憊で、「あーん、あん」と喘ぎますが声が枯れていました。

次の日はバイトも大学も休みだったのですが、すごい疲労で腰痛にもなり1日寝ていました。
若い頃の良い思い出ではあります。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)