大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=556

女性用バイアグラのラブグラを彼女に飲ませてみた

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
  1. 女性用バイアグラのラブグラを彼女に飲ませてみた <- 現在の記事
  2. セフレにラブグラを使ってみたら、クリと感度が半端なかった
先日女性用バイアグラであるラブグラを使って彼女とエッチをしてみました。
これがかなり良かったので、その時の体験をお話ししますね。

まずは彼女のスペックを簡単に紹介。
年齢は28歳で医療事務をしています。
見た目は川栄李奈似でおっとり癒し系タイプ。
ちなみに胸はFカップ!。
身長は150cmないぐらいなので、いわゆるロリ巨乳ってやつです。

コロナ禍になってから、彼女と逢うペースは激減しました。
以前は週1だったのですが、この1年は1~2か月に1回ペースに。
さらに彼女はPMSの傾向が強く、気持ち良くエッチ出来るのは生理明け~10日後ぐらいまでなんです。
そこを過ぎると彼女の感度は激減し、エッチは控えるようにしていました。

私としてはせっかくエッチしてるのに、お人形さんのようになった彼女を抱いても面白くありません。
彼女にしても、イヤだけど求めに応じているのに何が不満なの?とイライラが溜まるだけ。
そういう時期にエッチしてもお互い不幸になるだけだ・・と気づいてエッチはしなくなったんです。
それ故にエッチの出来るタイミングで彼女と逢った時は頑張りました。
ED治療薬のバイアグラを飲んで。

バイアグラを飲んだ時は射精寸前の一番硬い状態がデフォになるので、彼女の感じ方は凄いものに。
しかも一度イッても終わりませんし、例え二回戦・三回戦と連戦してもバイアグラ効果時間内なら中折れする事もありません。
すると彼女から、
「バイアグラって凄いんだね。女性用ってあったら一度飲んでみたいかも」
と言われました。

調べてみると、そういうのがあるんですよね。
私が見つけたのは"ラブグラ"という女性用バイアグラ。
いつも私が利用している海外輸入代行のお店でラブグラを取り扱っていたので、バイアグラを買うついでに購入してみました。
そして彼女の調子が良い時にラブグラを飲んでもらったというわけです。

その日、彼女にはお昼を抜いてきてもらいました。
こういうED治療薬関係って空腹時じゃないと効きませんから。
そして私はバイアグラ、彼女はラブグラを服用します。
服用してもらったからといってもガッツつかず、まずはシャワーでお互い洗いっこから始めました。
男性はいきなりエッチする!といっても問題ないですけど、女性はテンションを高めていかないとダメですからね。

ボディーソープを手にとって彼女の肩、胸、背中を優しく撫でるように洗っていきます。
たまに愚息を彼女の身体に押し付けたりも。
全身を優しく撫でるように洗ってから、私は先に戻って彼女が来るのを待ちました。
しばらくすると彼女はバスタオル一枚で恥ずかしそうに現れ、いよいよエッチを開始する事に。

この頃になるとラブグラを飲んでから丁度30分ぐらい経過しており、私も彼女も臨戦状態。
彼女が普通に抱いただけで、ビンビンになっています。

彼女を仰向けにベッドで寝かせ、まずはキス。
耳、首、鎖骨、胸と舌をゆっくりと這わせ、オマンコも丁寧に舐めてあげてます。
お風呂でキレイにしてきたばかりだというのに、オマンコからは大量の愛液が。
ネットリとした愛液を指につけ、クリトリスを舐めながら手マンをします。
普段はクンニでイカない彼女ですが、この時はイってました。
反応がいつもと違ったのもありますけど、クリトリスが凄く硬くなってたんですよね。
肥大化していてコリコリするといいましょうか。
いつもより存在感があるな~と思いながらクリトリスを舌で転がしたりバキュームしていると、彼女は「ア・・ア・・イク・・イクイク」
と達していました。

彼女がイかせた後はフェラチオタイムです。
すでにビンビンなので軽いフェラで済ませてもらいます。
フェラは気持ち良いんですけど、早く挿れたいという欲求に負けました。
そして正常位で挿入してみると、彼女の反応がいつもと違います。

挿入前にイってるから、そしてバイアグラとラブグラの効果もあるんでしょう。
最初からクライマックス状態のように彼女は身体をくねらせて喘ぎ声を漏らしてます。
これだけ感じてくれているとこちらも興奮し、一度引き抜いてから奥まで突いてみます。
何度もこれを繰り返していると、
「奥、奥に当たるの、ダメ、奥ダメだからああああイクイク」
と言いながら絶頂。

調子に乗ってそのまま突き続けていると、彼女は私の腕をギュっと握りしめながらまたイってました。
普段は一~二回イケばいい方の彼女が、前戯も合わせればすでに三回もイってます。
これに興奮してガンガン突き続けていると、彼女はハメ潮を吹いてしまいました。

シーツがビショビショになったので、ここで小休止。
少し休憩してからシャワーで汚れを落とし、バスタオルを敷いて二回戦を始めます。
さっきは正常位だけだったので、次は騎乗位から。
騎乗位は奥まで当たるので、元々彼女の好きな体位です。
でもこの騎乗位もいつもと違いました。
挿入した瞬間、彼女は動かないんです。
私が動いてみると、
「あ・・ダメ・・いま動いたらダメ・・ヤバイから」
という彼女。
そんな事言われて止まるわけもなく、彼女の腰を持って前後に動かしてみます。
すると
「アア・・そんなにしたらイク・・またイク」
と彼女は絶頂。
先程同様、そのまま彼女の腰を持って動かしていると連続イキしていました。

さっきの余韻は私も残っていた為、射精感が訪れてそのままフィニッシュ。
ギリギリのところで抜いて外出ししておきました。
もちろんこれで終わるわけもなく、この日はトータルで6時間ぐらいやりっぱなしに。
彼女もいつもなら一~二回しかイカないのに、十回以上はイってました。

「これは気持ち良すぎてダメ・・毎回コレでしたら私死ぬかも・・」
と言われ、それっきりに。
とはいえまだラブグラは残っていますし、年末年始あたりにラブグラエッチを楽しみたいな~なんて思ってます。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)