大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=468

妊娠している妻の代わりに手コキ(2)してくれたのは…。

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
妻Yが妊娠して私の性欲も限界に達した頃、妻の姉Tと浮気をしてしまいました。
ただ、これを浮気を言っていいのかは微妙なところです。

妻を実家のお母さんに任せて、しばらく一人で生活をしていました。するとTがカレーを持って私のもとにやってきたのです。

カレーを食べた後もしばらく談笑をしていたのですが、だんだんと妻とセックスができていないことの話になり、Tもその相談に乗ってくれたのです。

T「気持ちは分かるけど浮気はだめだからね」

私「分かってます。」

T「うーん。よし、分かったズボン脱ぎなよ」

私「え!?なんですか?」

T「だからズボン脱いで。手でするから。」

Tのこの言葉に私は思わず椅子から立ち上がってしまいました。

私「えーーーー!?なに言ってんですか姉さん」

T「だって溜まってるんでしょ?」

私「そ、そうですけど…。たった今浮気はだめって言ったばかりじゃないですか」

T「うん。そうだよ。浮気はだめ。これは浮気ではなくお世話だよ。」

私「お世話?」

Tのこの言葉は理解できなかったものの、私の中ではすでに手コキ(2)されたいという気持ちでいっぱいになっていました。

T「どうする?嫌ならいいよ。」

私「いえいえいえ!よろしく…お願いします。」

私は恥ずかしそうにTに頭を下げた。

Tは椅子に座っていた私の体を自分の方へと向けさせ、ベルトを緩めようとした。

私「あっ、自分でやります。」

私は立ち上がりTに背中を向けながらズボンを脱いでいき、ボクサーパンツのみになった。

T「はい。座ってください。」

椅子に座った私のパンツをTは両手で掴みスルスルっと脱がしていく。

この時点で私は今の状況が信じられず、勃起するまでに至らなかったのだ。

T「本当に溜まってるの?なんだか元気ないみたいだけど」

私「ハハッ…」

私は白々しい愛想笑いをした。

T「じゃあこうしたらどうかな?」

Tは私が勃起しない状態だったので、玉袋からマッサージしていき、もう片方の手でペニスを擦ってくる。

私「あっ…。」

さすがに直接触られてしまうと私も勃起してしまい、Tの顔面の前で大きく反り立った。

T「すごーい。Yから聞いてたけどここまで大きいなんて」

姉妹でそんな会話をしていたのかと驚いてしまった。

T「どう?」

Tはゆっくりと手コキ(2)をしていき、私に感想を求めてきた。

私「はい。いいです。気持ちいいです。」

これは本音だった。いつも妻からされていたせいか、いつもとは違う手の感触や手コキ(2)のリズムに興奮を覚えた。

T「はーい。じゃあスピードを早めていきまーす。」

Tは私の顔を見ながら手の動きを早めていった。

私「あっ…!姉さん…!もう出そうです!」

T「え?うそでしょ?ちょ…ちょっと待って!」

私「うう!あああーーー!」

溜まりに溜まっていたので3分も持たず大量に射精してしまった。しかも急な射精だったのでTの顔面と上着は精液で汚れてしまった。

T「すごい精液熱いんだけど」

私「すいません。姉さん。」

結局、妻が出産するまでの間、そして出産したあともTからは手コキのみのお世話をしてもらっていました。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)