大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=510

罪悪感の中の楽しみ

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
  • 面白い (1)
私が高校生の頃、1年半片想いしていた男子と事情があり家で二人きりでいました。
その時私には彼氏がいたのですが、夜になるにつれてその男子と危ない雰囲気になっていました。

そんな雰囲気が初めてだった私は、緊張してしまい相手にわかるほど焦っていたと思います。
沈黙が少し続き気が付くとキスをしていました。

自分自身このままじゃだめだとわかっていながらも雰囲気にのまれてしまい、彼氏のことを考えつつもそのままシてしてしまいました。
処女でした。初めてを彼氏以外としてしまった罪悪感はありましたが、時間がたつにつれてそのことすら興奮する材料となってしまったのです。

わからないながらも手探りで行為は進み、お互いに舐め合ったり、触り合ったりしました。
恥じらいながらしたフェラも、相手の弱い耳を舐めるのもやるにつれてしている側も興奮しました。

挿入時はゴムなど用意していなかったので、どうする?となりましたが欲望を止められるわけもなく生でいれました。
挿入したことでその場はもっとヒートアップし、いれながらのディープキスをしながらするのは最高にアツく癖になります。
時間の許される限り、休憩を交えながらも3回やりました。

初めてなのに痛みを感じずただひたすらに気持ちがよく、もっとしたいという欲望に駆られていました。
彼氏からの連絡が来ても構わずやり続け、心配されても無視してしまいました。
本当に最低だと思いつつもやめることができませんでした。

その男性とは、2回の体の関係を持ってしまいましたが彼氏にはバレませんようにと願い秘密を作ってしまいました。
その後からまた別のアルバイト先の同い年の子とも関係を持ってしまいました。

挿入まではしませんでしたが、友達2人が横で寝ているところでディープキスをしたり胸を触られたり、背中をスーーっと触ったり、下部を触ったりしました。
友達にばれないように声を出さずにするのはすごくドキドキしました。
だめだとわかっていることをするのがいつの間にか楽しく感じてしまっている自分がいました。
相手が急にイってしまい受け止めることができず、友人の家なのにシーツを汚してしまって時はさすがに焦って拭きまくりました。

さすがにもうだめだと自分に言い聞かし、そのような関係を持つことはやめました。
ただ性欲は強くなってしまったので、ほかの人とはしないように彼氏とやる頻度を増やしてもらいました。
彼氏も性欲は強いほうなので付き合ってくれます。
2度も裏切ってしまいましたが、もう絶対にしないと誓いました。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
  • 面白い (1)