大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=527

1度だけ会った人とラブホテルに行った話

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
私がRさんと出会ったのは、ほんの一瞬のことでした。彼氏が職場の同僚だと言って紹介してくれたんです。

第一印象は、はっきり言ってあまりいいとは言えませんでした。
営業の仕事をしているだけあって、愛想はすごくいいのですが、自信家っぽくて、ちょっとナルシストっぽいんです。
もう2度と会わない人だと思いました。

それが、その数日後。バッタリ居酒屋で再会したんです。
彼氏とケンカしてやけ酒を飲んでいたら、いきなり声をかけられて驚きました。
そして、なぜか一緒に飲むことになったんです。

私は、勧められるままアルコール度数の高いお酒を飲んで、気がついたら彼の愚痴をRさんに話していました。
「それはひどいな。彼氏としては失格だよ」
そう言われて、肩を抱かれた時に、一瞬ドキッとしたんです。
「俺だったら、君を泣かさないけどな」
言われて、店の中なのにキスをされました。
一番奥の席だったし、店の中は他のお客さんで賑わっていたので、たぶん気がつかれてはいないと思うのですが、思いっきりディープキスをされてしまい、私はその気持ちよさにうっとりしてしまいました。
(1度しか会ったことがない人とキスしてる)

そして、顔を離したRさんが耳元でホテルに行こうと囁いた瞬間、なぜかたまらなくしたくなってきちゃったんです。
スカートの上からあの部分をそっと押さえられた瞬間。
もう、ジワッとした感覚がしてきたんです。

お会計をRさんが済まして、ラブホテルに誘導され、私は自分がとてもいけないことをしているような気持ちになってきました。

私は、どちらかというと身持ちが固い方で、男性と交際しても数ヵ月は肉体関係を結びません。
彼氏とも、交際して半年はなにもしませんでした。

それなのに、1度会っただけの人と、ラブホテルで裸で抱き合ってるなんて。
自分が自分じゃないみたいでした。

「いつもと違うでしょ?」
Rさんは、スーツを脱ぐとすごくガッシリしていて、私をベッドの上に組み敷くと、両手でおっぱいを回すように揉んできたんです。
「へぇ。思ったより胸がおっきいね。それに、乳首も俺好みだなぁ」
Rさんは、とにかく誉めてくれる人でした。
「感じやすいんだ。こんなに濡れてる」
私の両足を押し広げた彼が、楽しそうに言いながら、自分の指を舐めました。
その姿が、なんだかひどく生々しくて、私は見ていることさえできませんでした。

「あっ。そんな、いきなり2本も入れるなんてっ」
私は慌てました。
だって、いきなり2本も指を入れて、クチュクチュ嫌らしい音を立て始めるんです。
「うわ。意外と狭いね。俺の、入るかな」
Rさんが、指で広げたアソコに、自分の勃起したペニスを当ててきました。
ヌルヌルとした感触に、私のアソコが反応してしまいました。
「やらしーな。こんなにヒクヒクさせて」
「ああっ」
Rさんが腰を進める度に、私の身体がミシッミシッと音を立てるようでした。
彼氏と比べたら、あまりにも大きくて長いんです。

「すっげぇ締まる。あんまりセックスしないんだ?」
私は、痛みと気持ちよさが合わさったなかで、何度も頷きました。
確かに、彼とは月に1~2回ぐらいのペースでしかエッチしてなかったんです。
交わったまま、今度は彼の膝に乗せられ、激しく揺さぶられました。
「朝までたっぷり楽しもうね」
言われて、私はただRさんにしがみつくことしかできませんでした。

結局、朝までたっぷり抱き合って、私たちは別れました。
浮気をした罪悪感から、彼の顔を見ることができませんでした。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)