大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=535

浮気して反省した妻への罰

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
妻が他の男性と浮気していたことを知った時、私はショックでしたが、一方で妻を陵辱するチャンスとも考えました。

そこで私は反省して二度と浮気しないという妻に対して、私は「何でもするなら許してやる」と告げたのです。

私は妻をホテルに連れていき、「そこで裸になれ」と命令しました。妻が従って裸になると、私は床に妻を正座で座らせ、自分のチンポを妻に向けました。

「おまえは汚い男に汚されたんだから、俺がもっと汚してやる」、私はそう言うと妻の顔に向けてオシッコを浴びせました。「いや!あぁ!やめてよ!」と言う妻、しかし声を出すために口を開けるたびに私のオシッコが口に入ります。

「んん~」と言いながら初めて味わう尿の味、それがどんな味なのかは妻の歪んだ表情から推測できました。

顔にかけたオシッコは身体に垂れ、オッパイも濡れています。美人の妻が醜く汚い姿になったのを見て私は興奮しました。

「洗ってやったんだからお礼しろよ」「…ありがとう」「悪いことしたんだからそんなお礼の仕方ないだろ?」「ごめんなさい…ありがとうございます…」、妻は屈辱的に感じていたに違いありません。

屈辱のせいかオシッコのせいか、妻の目からは涙が流れてきました。しかし、今の私にとって妻の涙はむしろ興奮剤となり、さらに妻を辱めます。

オシッコまみれの妻を立たせると、今度は「そこでおまえもオシッコしろ」と命令しました。許してもらえないことを悟った妻は観念して身体に力を入れます。

2分くらいすると、妻のマンコからオシッコが流れてきました。エロ動画のように勢いよく出ることはなく、マンコから出たオシッコはチョロチョロと太ももを伝わって流れてきます。

ホテルの床はオシッコまみれになり、私は妻に掃除するよう命じました。

妻は全裸のままバスタオルを使って私と自分のオシッコを拭き、全て拭き終わるとその場で泣き崩れました。

「お願いだからもう許してください!ごめんなさい!」…まだ許すつもりはありません。今度はそこでオナニーするよう命令、「イクまでやるんだぞ」と伝えると、妻はまた従いました。

「マンコ気持ちいいですって言えよ」「マ…マンコ気持ちいいです…」「オッパイも揉めよ」「は、はい…」、涙をすすりながらオナニーする妻。オシッコが鼻に入るのか、時折むせていました。

妻はオナニーでイキました。私は仕上げとして妻にシャワーを浴びさせ、ベッドでマンコが壊れるほど突いてやりました。

射精後に再び尿意を感じた私は、もう一度妻の顔に向けてオシッコを浴びせます。妻はもう抵抗することなく、私のオシッコを浴びていました。

ここまで罰を下してやればもう浮気しないだろうし、もしするようならもっと酷くて屈辱的な罰を下してやろうと思っています。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)