大人のエッチな体験談大募集!

記事ID=566

8時間飲んだ相手と酔った勢いで3Pした体験

この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)
私は過去にとてもHで恥ずかしい体験をしました。
では、そのときの体験談を紹介したいと思います。

あれは、私がまだ20歳のころ、当時は学生でした。
当時5年付き合った彼と別れて、気持ちがとても沈んでいました。

中学生から付き合っていた彼なので、自分の青春をすべて彼にささげたといってもいいでしょう。
彼とは結婚すると思っていました。

ですが、あるとき
「ごめん、ほかに好きな人がいる」
と言われてアッサリ振られてしまいました。

そして、私は夜な夜な飲み歩くようになりました。
友達と飲み歩くこともありましたが、一人でバーに行って飲むこともあったのです。

あるとき、夜に一人で居酒屋で飲んでいたら、2人組みの男性に声をかけられました。
半分酔っ払っていたので、その男性たちと一緒に飲むことになったのです。
そして、久しぶりに男性と話したので、楽しくてたくさん飲みまくってしまいました。

彼らと8時間くらい飲んでいたかもしれません。
気が付いたら彼らとホテルにいました。
酔っ払って居酒屋で寝てしまったのでしょう。

目が覚めたら裸でホテルにいて、周囲を見渡すをベッドに縛られていたのです。
驚いて
「はずして」
といっても、
「俺たちと楽しんだら解放してあげるよ」
といわれたのです。

私は怖くなって
「イヤ」
と叫んだのですが、彼らは笑うばかりで
「大丈夫、痛いことはしないから、気持ちよくしてあげる」
と言われて一人の男性が私の体にのしかかってきました。

服は裸だったので、そのまま乳首を吸われて、やりたい放題でした。

ですが、体の刺激には逆らえず喘ぎ声が出てしまいました。
彼らが余計に興奮したようで、
「アソコも舐めてあげる」
と言われて足を開脚させられ、股をひろげて一人の男性に見られました。
恥ずかしくて
「お願いやめて」
と言っても
「すごい、濡れてる」
と言われて、私のアソコを吸われてしまいました。

縛られているし、もう一人の男性に足を抑えられているので抵抗することができずに、吸われて指を入れられました。
ぐちゃぐちゃと恥ずかしい音がして、恥ずかしくて死にそうでした。

ですが、彼らは私が濡れれば濡れるほど、興奮して
「ぐちゃぐちゃ、イヤっていうのはウソだな」
といわれて、激しく指を入れられてイかされました。

その後一人の男性がズボンを脱ぎ、アソコを出してきたので、
「イヤやめて」
といっても
「いまさら無理だよ」
と言って彼の股間を私の中に入れてきました。
そのまま簡単にズルっと入ってしまいました。

彼は
「ほら、簡単に入った、やべ~」
と言ってニヤニヤと笑いました。

私は
「お願い動かないで」
と言ったのですが、
「無理にきまってんじゃん」
といって、腰をゆっくり動かしてきました。

もう一人の男性が
「気持ち良さそう、俺も早くヤリたい」
と言って興奮してくるのです。

一人の男性には腰を激しく動かされてもう一人の男性には乳首を吸われながら犯されました。
イヤだといっていたのですが、気持ちよかったです。

声を止めることができなくて
「あんあん」
叫んでしまいました。

アソコと胸と両方刺激されることがなかったので、本当に気持ちよかったです。
そのまま反対にひっくりかえされてバッグの姿勢にされて、もう一人の男性のアソコを突き出されて、フェラをしながら後ろから突かれました。

もうわけが分からなくて、だけど気持ちよくて記憶が飛びそうでした。
そうこうしている間に挿入している男性が
「イきそう」
といって私のお尻に射精しました。

その後続いてもう一人の男性に正常位で犯されて激しく突かれまくりました。
それも気持ちよくて、かなり喘いで、私が先にイってしまいました。
彼がうれしそうに
「イったんだ、そんな気持ち良いんだね」
といい、さらに激しくなり、そのままイきました。

その後、朝になったら二人はいなくてそのまま彼らの消息は不明です。
この話を読んだあなたの感想を選んでください。
  • 漫画化希望 (0)
  • 面白い (0)
  • 続編希望 (0)
  • お気に入り (0)